原 豪志 ブログ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
GS Trophy 2010 閉幕
南アフリカで行われたInternational BMW Motorrad GS Trophy は全日程を終了

第二回大会の優勝国はイギリスでした〜二位とのポイント差わずか一ポイント!
「すごい」
日本チームも途中参加者からリタイヤが出てしまいながらもなんとか健闘したようです
日ごとのルートやタスク、参加者のコメントからもその過酷さは十分に伝わりましたが皆さんがトロフィーを楽しんでいる姿に日本からも指をくわえて応援しておりました
参加者のみなさま本当にお疲れ様でした
今後はさまざまな雑誌やネットに情報が配信されるでしょうから楽しみにしたいと思います

さて、最後になるのかな?山内さんから届いた写真を解説付きでお送りします
一部??というところがありますのでそこの辺りは帰国後にじっくりと聞いてみたいと思います
カッコはタケシの解説です

20日午前トロフイーフアイナル個人2位?
(この日に行われたトライアルのバランス競技ですね)

転倒続出画像

20日午後ベースキャンプへ移動中アルプスチームカメラマンと衝突

ツラーテックベースキャンプゴール
(山内さんが8日間使用したF800GSのTrophy仕様です、フロントフォークにM.S.C HARA!)
しかしカッコイイな〜

追記
YOU TUBEに山内さんのTRIALのチャレンジがガッツリ写っているのを発見
スタート直後から山内さんですチェックしてみて
ココ


GS TROPHY 2010 AFRICA

TEAM JAPAN
足を骨折テーピングをしてチャレンジしている相川さん(左)と山内さん(右)
骨折している中井さんのリタイヤが確定、プレス枠で参加している田宮さんがチームとして参加することがきまったようだ

チャレンジも6日目をむかえました
このルートまるでポスターのような景色
「最高なんだろうな〜」

以下、山内さんより昨日とどいた写真

モザンビークから南アの途中ヘリコプター撮影


Phinda自然保護区キャンプ場
トロフィーもいよいよ終盤に迫りました
最後まで怪我なく楽しんでください!
頑張れチームジャパン GS TROPHY2010 AFRICA
南アフリカで開催中のBMW MOTORRAD GS TROPHY 2010 AFRICA
日増しに減ってゆく体力に反比例して日増しに過酷さを増すタスク
チームジャパンのメンバーは2名の負傷者が出てしまったようだ
詳しいレポートはバージンBMWのGSトロフィーのサイトで見れるようなのでチェックしてね
ココ


チャレンジしている山内こうじさん
実は山内さんは自分が九州フリーマンで修行していた時の直属の上司
「いつもサーフィンばっかしよってからしごとせんと〜」とことあるごとにいわれていたのを思い出します(汗)
仕事はもちろん遊び?もいろいろとご教授いただきました

そんな山内さんから現地の写真を送っていただきましたので山内さんのコメントとともに加筆掲載させていただきます
※一番上部の写真のコメント:モザンビークからカントリートラックスへ移動中13日のAM11:00

スワジランド泥川渡り始まり〜。この先

14日に開催されたタイヤ転がし
本国サイトにも掲載されてましたね

同じく14日に開催ポルシェトラクタープーリンテスト
これを参加者で引っ張ったチャレンジです

15日昼頃スワジランド国境
山内さんどうか最後まで頑張ってチャレンジしてくださいね!
また写真送られたらUPしまーす




ココだけの話

山内さんの乗っているマシン(F800GS)にはM.S.C HARAのステッカーが貼ってあります!
ここもチェックしてね
GS TROPHY 2010 AFRICAっと‥

いよいよGSトロフィー2010が南アフリカで開催されました
本国サイトのDaily Reportで初日(13日)の様子が観覧できます
(その後更新されてないようですが‥)
気になりますね

チャレンジする車両はF800GS30周年アニバーサリー!
「頑張れチームジャパン!」

※14日の模様がアップされました!

やっぱりきつそうな課題なんですね‥今回も

っとおもって見ていたらなんとディレクターはBMWのインストラクターTHOMAS WOLFさんのようでっ!
ジャパンのリザルトも出ていましたね‥
「頑張れチームジャパン」


さてさて週明け入荷情報

K1200S 2005年式ESA,ABS,GH付)の純正サイドバッグ付です
もちろん当社で納車したワンオーナー¥1,365,000-(税込み)
「きれいな車両ですのでお早めに」

ところで

ちっともスマートでないタケシがスマートフォンを購入
お仕事で活躍していることはもちろん
そのアプリの多さにビックリ

中には東京バイク駐車場案内なんていうアプリもあったり!
いやはや都内へバイクで出かける方には実に便利なアプリですね
わたくしも近々お世話になる予定