原 豪志 ブログ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
車検


今日は日本以外のエントラントたちの車検、カナダやイングランド、モンゴル人たちが受験しています
チンギスハーンホテルの前は大渋滞です
自分達は明日の午後より総合ブリーフィングとレセプションパーティーです
3日目



おはようございます
3日目の朝です
今日も曇り
日課のジョギング
昨夜もあめがふったようで側道には水溜まりボケッと走っていると通り抜ける車に泥水浴びせられます
なかなか刺激的てす
最後の写真は今回ラリーモンゴリアにエントリーしているカナダのジャーナリスト、ローレンス、ハッチングさん彼は南米で開催されたGSトロフィーにカナダ代表で出場したそうです
朝のトレーニングでバッタリ会いました
こんなところでもつながるなんで嬉しいなー
マシン整備中

コンテナからバイクが出され
只今、整備ちう
雨降ってなくてよかったー
ウランバートル



おはようございます
ウランバートルは朝7時です
くもり、気温は20度くらいでしょうか
ラリーモンゴリアスタート地のチンギスハーンホテルから軽いジョギングをしてスフバートル広場を見学してきました。
今日はバイクとご対面です
しっかりとチェックしたいと思います
チンギスハーン空港

到着しました
こちらは日本より1時間遅れている只今8時40分です
まだ、明るい
乾燥
していて北海道のような気候です
明日は車両整備です
出発

それでは、ラリーモンゴリアいってまいります
楽しんできます!
ラリーモンゴリア2014へ M.S.C.Haraです

ラリーモンゴリア2014
8月10日からスタートするラリーモンゴリア2014参戦の為
8月6日に出発します
8日間の競技を終えて帰国は19日の予定
期間中のタケシは不在になりますのでご用命は当社スタッフまでお願いいたします
今回もこのラリーを通して経験した多くのことを今後の自分の人生に仕事に生かしていきたいと思う
そのためにはまず無事に怪我なく完走することを最優先にラリーを進めていきます

っということで先日届いたラリーモンゴリア2014のコマ図
ETAP1から555キロのボリューム(もちろんほぼ全てダート)
しかもSS(競技区間)スタート直後はコーションだらけ(ルート上危険な場所にはコマ図に!マークが示されている)に複雑なピストに(轍)チェックの段階でドキドキが止まりません

1エタップ分のコマ図もこれだけの長さ(汗)




それではM.S.C.Hara 原 豪志
ラリーモンゴリア思い切り楽しんでまいります
期間中できる範囲でこちらにもUPしますが
詳しくはオフィシャルサイトご覧になってください
ココ
クロスカントリーラリーホッカイドウ4DAYS2015 への道DAY1スタート

R1200GSと駆け抜けた夢のような4日間が終わった

雨の当麻の森のなか

ドキドキしながらスタートの順番を待ったSS1

初めて走る名寄の超高速林道

青い空のした大きなオホーツクを望みながらサンドラン

当麻のきれいな夕日

「いつまで続くんだ最高だ〜」と何度もヘルメットの中で叫んだ大雪山のロングダート

クレバスにはまり仲間に助けてもらったトムラウシのガレ場

日高のジェットコースターのような獣林道

SSのタイムで一喜一憂した日高の夜

緊張と寂しさの混じった最終日のブリーフィング

「うお〜コエー、すべる〜」と叫び続けた日高のウッズ

仲間と食べたメロン、ソフトクリーム、とうきび、さくらんぼ

すべての出来事が今では夢のようだ


また夢のような四日間を過ごすために


ホッカイドウ4DAYS2015への道DAY1 

START







 
グランドゴール





北海道4ディズ無事に終了しました
悲願のR1200GSでインターナショナルクラス1位!(総合8位)を獲得
激戦な今大会
競技も景色もツーリングも
最高だったー
南ふらの




日高のSS1は林間のチュルチュル赤土、2本目はガレガレの登りがあり、ひとりGSチャレンジしてました(^_^;)
でもー待望のメロンにトウキビにさくらんぼ食べて
さいくー